×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


アイメイク術の巻

アイメイクのやり方/一重の方のアイメイク術/奥二重の方のアイメイクのやり方/


アイメイクのやり方

他人に注目されている、目・目元。アイラインは目を大きく見せたり形を変えたりするのに効果的である。アイラインが苦手な人は、ペンシルタイプで。カールキープ力が強いものなら、ぱっちり目が長持ちできますね。忙しい朝には大変なのではないか。つげの根元を下から埋めるようにインラインを引く。 極軽いタッチで馴染ませ、仕上げはパウダー(白粉)で押える。赤ら顔の人はグリーンのコントロール・カラー、黄色が強い人はパープルのコントロール・カラーを使いましょう。力加減も調節しやすいので、ぼかしも、くっきりラインも思いのままにできますよ。アイメイクをすべてきっちりやっていては、それだけですぐに10〜20分くらい経過してしまう。勿体無いですよ。忙しい朝に、指でさっとぬれる。 アイシャドウ等が落ちた時にこすると伸びて台無しになってしまいるからだ。「目は口ほどに物を言う」といいますね。なかなかいい考えでしょう?アイブロウの場合はチップタイプの方が広範囲にすばやく描くことができる。新しいスポンジを使って二重の中やまぶたの際まで入念に馴染ませて下さい。忙しい現代女性なら、是非、身に着けたましょう。もしくは休日にまつ毛パーマをかけて、平日の朝にマスカラをぬるだけの状態にしておくとか。 現代生活では止むをえないのか、目の周りが他よりも暗い方が結構おられますね。それからファンデーションである。その人の目を見て、精神状態をおしはかっているということでしょうかね。自分がどのタイプが分からない人は、美容部員さんにアドバイスを求めてみましょう。必ずまつ毛とまつ毛の間を埋めて下さい。次にアイラインである。

関連サイト

サイトポリシー


スポンサードリンク

奥二重の方のアイメイクのやり方

奥二重をぱっちりした目元の印象に変えるかがポイントである。自然な感じにしたい方はマスカラのみでもいいですよ。日本人に多いと言われる、奥二重まぶた。綿棒でぼかすと、グラデーションをキレイに出すことが出来るであろう。(いわゆる暖色系。今回は奥二重のアイメイクを勉強する。 初心者にはペンシルタイプが楽だが、早くラインを引くのに慣れて、リキッドタイプのアイライナーが使えるようになると、目のインパクトが大きくなりますよ。ダークカラーで目尻から中央と目尻から外側、下まぶたの目尻から中央の部分をぼかした後、ライトカラーでまぶた全体をぼかす手順である。マスカラの選び方と使い方はかなり重要である。腫れぼったい印象を与える事がある。アイラインひとつで印象が変わる。 ボリュームアップマスカラとロングラッシュマスカラの両方を使ってみましょう。この奥二重のアイメイクは基本的には一重まぶたのアイメイクと似ている。ピンクやオレンジの淡い色)立体感のある軽い感じのまぶたに仕上げるにはアイシャドウの2色使いがよいであろう。奥二重まぶたのアイメイクではアイライナーは重要である。まつげの隙間を埋めるように、アイラインを太めに引くと目が大きく見える。 アイシャドウの2色使いではライトカラーとダークカラーを用いて立体的にしていく。パッチリした目元に仕上げるには、ビューラーやマスカラでまつげをしっかりあげましょう。自然なブラウン系がおすすめだが、春・夏には紺色もいいですよ。アイシャドウは一重と同様に膨張色は使わないほうが無難である。下のまつげにもマスカラをつけることで、目が大きく見えるようになる。
一重の方のアイメイク術

一重まぶたのアイメイクは、同色系の濃い色と薄い色の2色使いで擬似二重を作るようにするといいである。目を開けた時に見えなくなってしまうとシャドウの意味がなくなってしまうからである。境目だけを綿棒を使ってぼかしていきましょう。次は赤みのあるブラウンを使用する。下まぶたには、最初のせたピンクをラインの様に細く乗せていく。 目を開けて二重の線を作る様に、ブラウンのアイシャドウで印をつけておく。先ほど使った赤みのあるブラウンを中央にのせると、目をたてに長く見せる視覚効果があるので、目が大きく見える。一重まぶたの人は同じ効果が出るのか、自分に合うか考えちゃう人もおられると思う。今回は、一重まぶたの方にお奨めのアイメイクを勉強しよう。マスカラはロングタイプをお奨めする。 雑誌などを見ても二重まぶたのモデルの方が多いのだろう。目の際から印をつけた部分まで、シャドウを豪快に乗せていく。ピンクは腫れぼったく見えるからと避けている方もおられるかもしれない。しっかりビューラーしたらマスカラを2度塗りで長さをだして下さい。でも、ピンクは肌なじみがよい色で、広範囲に使用しても派手になる事はないので大丈夫である。 一重メイクは、アイシャドウの使い方も大切だけれどまつげは最も重要なポイントである。ビューラーが苦手な人は、美容院などで、まつげパーマをするのもいいであろう。きれいなグラデーションができる。まずはベースとなるピンクを、眉下の辺りまで豪快にアイホールに乗せていく。
◆ダイエット関係◆

産後ダイエット体操
マタニティヨガ
◆美容関係◆

ほくろ除去
痩身エステ
まとめ髪
ケラスターゼ激安&効果
アイメイク方法や、やり方
◆健康関係◆


高齢者栄養管理
ルクルーゼ
矯正歯科
口臭
アミノ酸効果
◆結婚関係◆


ウェディングドレス
結婚式招待状
◆金融関係◆

三井住友インターネットバンキング
fx初心者
◆ 音楽関係◆

音楽事務所
ブレイクダンス
社交ダンス教室紹介
◆趣味教養関係◆

日本酒種類
五平餅
◆仕事関係◆

労働基準法労働時間
◆勉強関係◆


中学受験偏差値
◆新築関係◆

風水間取り
家具配置
ハーブ種類
ガーデニングの施工例
◆ブランド関係◆

mimioui
シャネル
◆ゲーム関係◆

動物の森
セカンドライフゲーム